隠岐諸島最南端の島 海が見えるホテルから、地元の口コミ情報をお届けします。
by tibusato
ホテル知夫の里
http://tibunosato.com/
〒684-0105
島根県隠岐郡知夫村1242番地1
TEL 08514-8-2500
FAX 08514-8-2281

■ブックマーク
こぢこぢのフリータイム
こぢこぢさん、当ホテルでアルバイトをしていました。
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:知夫里島資料館( 9 )

招福苑
ホテルの向かいの丘の上に、ちょっと目を引く建物があります。ホテルの食堂からもよく見えるので、お客様に、あの建物は何ですか?と聞かれます。
b0185246_19524063.jpg
こちらは招福苑といって、知夫村の高齢者の方の生活を支援する組織の建物です。その招福苑の見学をさせていただきました。

中はとても明るくきれい。窓からの景色もこのように素敵です。(ちょっと天気が悪かったのですが)
b0185246_19572971.jpg
若いおねえさんたちがたくさん働いていらっしゃいました。今日は窓に紙でつくった花の飾りを貼っていて、にぎやかです。私も住みたい、とすら思ってしまいました。。

知夫には絶対必要なサービスですね。見学大歓迎だそうですので、今まで縁がなかった方も一度のぞかせてもらってみては?事前に電話でお願いしておくといいと思います。 ホテル知夫の里ミナライ
[PR]

by tibusato | 2009-09-28 17:49 | 知夫里島資料館
鬼海老
最近ホテルの夕食のお造りに登場しています。その名も「オニエビ」。
b0185246_168211.jpg
一見ゴツゴツしてて怖そうだけど、近くでよく見るとかわいい顔してます。 ミナライ
[PR]

by tibusato | 2009-09-27 16:09 | 知夫里島資料館
あ、熱い~!
b0185246_21122772.jpg知夫里島に来て早くも三分の二が過ぎ去り、とうとう帰りを意識し始めた新人ミナライでございます。

これまで、厨房の板前さんの包丁さばきをコソコソと盗み見てきましたが一向にお魚のさばき方や、貝類のさばき方はいまいち盗めないですね・・・

そんな中、ご近所の方から「お~い!このアワビ使ってなんかして~」とリクエストと共にやって来たのが、新人ミナライには、とうてい手が届かないとてつもなく大きなアワビさん・・・

板前さんは、迷うことなく火あぶり・・・違った丸焼きに!こ、高級食材が~さっきまで生きてましたよね?動いてましたよね?そんなアワビさんがどうなることかと気にしていたら、「見てみな」と声がかかりしばし傍観。
焼き網の上で、グニ~っとなっています。

どうしても、台詞が聞こえてきます「あ゙っ熱い~!」
そんな動きなんです。

これも美味なんだろうな~。

いつか、偉くなったら食べてみたいな・・・


新人ミナライ
[PR]

by tibusato | 2009-09-13 21:14 | 知夫里島資料館
つぶらな瞳の巨大魚
b0185246_21475951.jpg
昨日、半日休みの新人ミナライです。
知夫里の観光スポットである赤ハゲ山・赤壁に連れてっていただき、雄大な自然と、優美な夕日を拝んでご機嫌でホテルに戻ると、足元のスチロール箱に見慣れぬお魚が入っておりました。
新人ミナライは初お目見えでしたので、厨房の板前さんに名前を聞いたところ、
「シイラ」とゆうそうです。村の資料によると、またの名を、「万作まんさく」・「万匹まんびき」とも呼ばれるそうで、この時期旬なお魚だそうです。
刺身から、しゃぶしゃぶ、フライなど、用途は様々・・・

でも、ミナライさんと私の中では、なぜか「シイラ君」と、君付け・・・つぶらな瞳のその顔を、見てるとうなずけるでしょう?

翌日「シイラ君」のフライをおいしくいただきました(笑)
白身のあっさりとした、でも脂ののっているおいしい体をしていました。

新人ミナライ
[PR]

by tibusato | 2009-08-27 21:50 | 知夫里島資料館
トウテイラン開花宣言
b0185246_217220.jpg知夫村を代表する花のひとつにトウテイランがあります。島のあちこちで普通に見られ雑草のごとく扱われておりますが、実は絶滅危惧種なのです。この花を見るのを目的に来られるお客さんもいらっしゃいます。花の色が中国の洞庭湖(とうていこ)の水の色に似ていることから洞庭蘭(とうていらん)と名付けられたらしいです。秋の花とされていますが、ホテルのまわりの日当たりのいいところからもう咲き始めました。地球温暖化の影響なのか、花が咲く時期が年々早まっているような気がします。小さい花が下から次々に咲くので長く楽しめます。ちょっと白っぽい葉っぱ(シルバーリーフ)も特徴です。一見の価値有り、おすすめです。 かとう
[PR]

by tibusato | 2009-07-29 21:19 | 知夫里島資料館
神葉
b0185246_19311469.jpgホンダワラという海草を、ここでは「神葉(じんば)」と呼びます。神馬草(藻)とも書き、昔から縁起のいい海草とされていたそうです。
(←写真手前が神葉の漬物 奥はたくあん)


続きを読む
[PR]

by tibusato | 2009-07-08 19:59 | 知夫里島資料館
サザエでございまーす
b0185246_209451.jpgホテル知夫の里では、地元でとれたもの中心のお料理をお出ししております。
地元にも料理にも疎い私ミナライですが、ホテルの料理に使われている食材について日々学んだことを紹介していきます。

初回は「サザエ」。隠岐全体で1年中よく食べられる食材です。
2009年8月1日、サザエのつかみ取りというイベントがここ知夫里島で行われます。※詳しくはこちら


続きを読む
[PR]

by tibusato | 2009-06-28 20:30 | 知夫里島資料館
知夫村に定住したタヌキさん
知夫里島にはタヌキが多く住んでいます。道を歩いていると見かけるし、ホテルにもたまに遊びにきます。
b0185246_1734174.jpgb0185246_16295591.jpg


続きを読む
[PR]

by tibusato | 2009-06-22 17:00 | 知夫里島資料館
知夫里島って
こんにちは、短期アルバイトのミナライです。4月半ばにやってきました。8月末までここ「ホテル知夫の里」で働いています。地元のこと、ホテル業のこと、料理のことも知らないことだらけですが、そんなドシロウト目線から投稿していきます。

ここ知夫里島は日本海に浮かぶ隠岐諸島の中のひとつ。「ちぶりじま」と読みます(今回こちらに来るにあたり、友人にはよく「ジブリ島」と聞き間違えられました)。住所でいうと島根県隠岐郡知夫村になります。

隠岐諸島は隠岐島(おきのしま)ともいいますがそういう名前の島があるわけではなく、180個くらいの島々の総称です。人が住んでいる島は4つあり、知夫里島はその中で一番本土に近くて一番小さい島です。

「ホテル知夫の里」は、知夫里島で唯一のホテルです。  ミナライ
[PR]

by tibusato | 2009-06-10 20:53 | 知夫里島資料館